いつかシウミンとグラスを

数か月前に、シウミンを知りました。

アルバム① RUNAWAY 遙かな

<iframe width="956" height="538" src="https://www.youtube.com/embed/dc16xQr1YuI" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="715" height="402" src="https://www.youtube.com/embed/DyM2mctJUO0" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

 

しうちゃんが、「どの曲が好き?」と待ちきれないように聞くので、この曲を伝えた。
もう、PCでせっせと再生していて、新曲のかっこよさに騒ぎなら、チェンとスホさんのいないことの渇望に悶えながら、その傍らでほかの曲も走り聞き(?)していた時だから、えー!今そう言われても!と思いながら、この曲を挙げた。(しうちゃん、本当にこのアルバム好きなんだ、嬉しいんだなあと、こちらも嬉しさの倍増。)

 

で、この曲ですが、
くり返されるメロディが、重厚で耳に残る感じ。一回聞いただけで、心が惹かれた。

 

それで、ようやく一昨日、遅まきながら歌パートを確認したら、なんと、最初がカイなのね。本当にかっこいい。そして、ほかのみんなもなんてかっこいい。歌いやすいのかもしれないけど、みんなの声に深さと広さがあってね、もう、本当にかっこいい。(語彙のなさが悲しい。)

「暴走」って訳されているけど、それよりも、本当に遙かな処へ行こう、みたいな、時空的な広がりを感じる。地球、とか、大地、とか。そういう感じの。

ああ、みんな、なんていい歌を歌うんだろう。

 

この曲を、9人みんなで、ステージで聴ける日が、早く来ますように。

これにチェンの澄んだ強い声と、スホの透明でまっすぐ心まで届く声が加わるんだよ。

あんまり、尊と過ぎて、そんな日が来ることが信じられないくらいだ。でも、きっと来る。彼らも私たちも元気で、一日一日頑張っていたら、必ずその日が来る。何年でも待てるから。必ず、帰ってきて。

 

その何年か後には、努力家の彼らは、今より凄くなってるんだろう。本当に 遙かな人たち。