いつかシウミンとグラスを

数か月前に、シウミンを知りました。

カムバ爆祭①  変幻

今夜で、ティーザーが揃います。これで3日、午前零時を起きて待っています。そんなEXO-Lが、世界中にどれだけいることか!カムバックって、こんなに幸せなものなのですね。しかも、EXOの作り込まれた世界の面白さ!世界中にオタクたちの心をつかんで離さない。EXOって、あんなに歌が凄くて、全員顔面偏差値が半端なくて、ダンスも踊って、一人一人個性的で、愛情深くて誠実で、もうそれだけで十分なのに、それ以上に物語を背負っているなんて、なんということだとしか言えません。

本当になんなのでしょう。大真面目に、心を込めて世に送り出したファンタジー

それを受け取ることのできる幸せ。

解析班の人たちが、夜ごといろいろな解釈をしていて、それを読むだけで眠る時間が無くなっていきます。

 

さて、そのティーザーですが、まずは、ギョンスとシウミン。

ギョンスのあの迫力。彼は、自分を何も変えないのに、全く違う人間になってしまう。役者、ということなのだと思うのですが、表面が変わるわけじゃなくて、その顔も髪もほとんど変化させないのに、わずかな視線やポーズで、全く別の人になってしまう。しかも、その人間の物語まで表現してしまう。本当に不思議で圧倒的に魅力的な人です。

対照的なのが、シウミン。彼は、自分を変幻自裁に変えていく。あの「神と共に」でくったくなく笑ってマンネ的好青年しうちゃんが、エクステとメイクと衣装で、年齢も性格も雰囲気も全く違う人間になってしまう。あのかわいく笑っていたMV制作動画から、あんなに変わってしまうなんて。もう、憎いほどに驚きました。油断させておいて、カウンターパンチ。ああ、本当にシウミン。なんてかっこよくてこれまた圧倒的に魅力的なのでしょう。惚れ直した。しうちゃんの本気を甘く見ていました。

 

アイドルの貫禄って、本当に怖い。もう初日夜から気持ちをもってかれたままです。

そりゃそうですよね。いろいろな経験をして、思いを重ねて、たくさんたくさん歌ってきて、ステージをこなして、アルバム出して、それも常に上位を走ってきたアイドルの帰還。その重みがひしひしと伝わってきます。

 

まさに、プレゼントなのですね。

 

昨日のカイとベッキョンも、凄みのある魅力で、EXOって、どこまで登っていくんだと思わされます。あと15分で、セフンとチャニョルのティーザーが発表されます。もう、こうしてはいられない。

 

ニューアルバムの公開を、こんなふうに階段を上るようにして迎える韓国のこの祭りが、本当に本当に好きです。

 

あ、あと10分。